神社だより

文字サイズ変更

祭典・行事

「大祓式―夏越の祓」と「茅の輪の設置」のご案内

平成28年6月13日UP

恒例の「大祓式(おおはらえしき)―夏越の祓(なごしのはらえ)」を6月30日(木)午後4時より古式により斎行致します。

この大祓式は、お預かりした「大祓人形(ひとがた)」を祓い清め、茅の輪(ちのわ)をくぐり疫病神を祓い、皆様方おひとりおひとりの無病息災・延命長寿を祈る神事です。 当社では、故事にならい、6月中は神社正面参道へ茅の輪を置き、大祓式より前にご参拝戴いた方にも茅の輪くぐりをして戴けるように致しておりますので、ぜひご参拝ください。
また、「大祓人形」の受付をはじめております。
この「大祓人形」(半紙を人の形に切ったもの・神社で用意)に、この半年間の間に私たちが知らず識らずのうちにおかした罪穢れを移し、大祓式に於いて祓い 清めます。特に、夏越の祓は「水無月の夏越の祓する人は千歳の命延ぶといふなり」と古くから伝えられ、暑さに負けず元気に夏を越せるように、また延命長寿 を祈るものです。
また、「大祓人形」をお預かりした方々には、大祓式終了後に「茅の輪守り」をお送り致しております。